[PR] アパレル 求人   子宮がんの知識

子宮がんについて知ろう

子宮は骨盤の中央に位置している、女性特有の臓器です。
その両側に左右の卵巣があります。
子宮の出口にあたる部分を頚部、子宮の袋の部分を体部とよびます。

子宮.bmp

子宮がんは主に上皮性悪性腫瘍のことを言い、子宮頚部に発生する『子宮頚がん』と子宮体部に発生する『子宮体がん』に分けられます。

子宮がんの約7割がを占めているのが『子宮頚がん』です。
女性では胃がんに次いで、2番目に多いのが子宮がんです。
このふたつは同じ子宮に発生しますが、その性質は異なっており、発生原因や検診方法、治療法も違います。
最近では、子宮がん検診が普及したことにより、『子宮頚がん』は早期に発見されるようになり減少傾向にあるといえますが、逆に『子宮体がん』は増加傾向にあり、早期に発見されることは稀です。
また『子宮体がん』がほとんど全て腺がん(内膜腺からできるがん)であるのに対して、『子宮頚がん』は扁平上皮がんと腺がんに分類されます。
近年は腺がんが増加傾向にあり、進行『子宮頚がん』のかなりの割合を占めています。


それぞれの特徴は?
子宮頚がん
・20歳代〜各年齢層にみられる
・HPV(ヒトパピローマウイルス/人の身体に乳頭腫というイボをつくるウイルス)の感染が原因と考えられるようになってきています。
・これだけでがんになることはありませんが、感染がわかれば厳重な経過観察が必要です。

子宮体がん
・閉経前後〜以降に多い
※妊娠経験のない人、糖尿病、高血圧、肥満の人に多く発生する。女性ホルモンのなかの卵胞ホルモン(エストロゲン)に関係しています。
・たとえ30歳代でも、月経不順で排卵しない状態が長く続く時には注意が必要です。
→乳癌の患者さんで術後にホルモン療法としてタモキシフェンというホルモン剤を投与されている人は『子宮体がん』を発生しやすいと指摘されており、検診を半年に1回は受ける必要があります。

疑われる症状は?
子宮頚がん』『子宮体がん』ともに、不正出血で発見されることが多いです。
月経以外の出血や褐色のおりもの、夫婦生活の時に出血が見られた場合は、たとえ少量であっても注意が必要です。
とくに閉経期以後の出血は要注意です。
子宮頚がん』検診と同時に必ず『子宮体がん』検診を受ける必要があります。
しかし、まったく症状がないのに子宮がん検診で発見されることも多いので、30歳になったら年に1回は定期検診を受けることをおすすめします。
都道府県や市町村により、無料で子宮がん検診を行なえるなどの制度があるので、お問い合わせしてみることをおすすめします。
posted by sikyugansikyu at 16:53 | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。